トップ > 騒音計

騒音計

全9件

  • 【CENTER-32】デジタル騒音計

    【CENTER-32】デジタル騒音計

    20,680円〜

    • CENTER-32

    • ■FAST/SLOW
    • ■A/C 特性
    • ■外部出力 AC/DC
    • ■MAX/MIN 表示
    • ●学校、工場、機械などの騒音測定に
    • ●A/C特性、FAST/SLOWの切換

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【CENTER-329】デジタル騒音計

    【CENTER-329】デジタル騒音計

    11,550円〜

    • CENTER-329

    • ■A/C 特性
    • ■FAST/SLOW
    • ■4段階レンジ切替(40〜130dB)
    • ■Max値表示機能
    • ■ローバッテリー表示
    • ●あらゆる現場の騒音管理に
    • ●別売騒音キャリブレータにて校正が可能です

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【CENTER-326】騒音キャリブレータ

    【CENTER-326】騒音キャリブレータ

    45,100円〜

    • CENTER-326

    • ■校正ポイント2点
      (94dB/114dB)
    • ●正確な騒音を測定するための必需品
    • ●校正が簡単に、素早くできます

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【CENTER-323】デジタル騒音計

    【CENTER-323】デジタル騒音計

    37,950円〜

    • CENTER-323

    • ■64,000データメモリ
    • ■FAST/SLOW
    • ■A/C 特性
    • ■外部出力 AC/DC
    • ■MAX/MIN 表示
    • ●学校、工場、機械などの騒音測定に
    • ●データロガー機能付64,000データ保存

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【SD-5000A】騒音計

    【SD-5000A】騒音計

    29,040円〜

    • SD-5000A

    • ■A/C 特性
    • ■FAST/SLOW
    • ■AC/DC 出力
    • ■データホールド機能
    • ■Max.Min値表示機能
    • ●アナログ出力付の本格派ハンディー型

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【SL-4023SD】SDカード付騒音計

    【SL-4023SD】SDカード付騒音計

    29,370円〜

    • SL-4023SD

    • ■A/C 特性ウエイト
    • ■FAST/SLOW
    • ■SD メモリカード
    • ■sRS-232C 出力端子付
    • ■バックライト機能
    • ●SDカード付なのでソフトウエアなしで簡単にPCへデータのダウンロードが可能

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【TM-102】騒音計

    【TM-102】騒音計

    13,530円〜

    • TM-102

    • ■A/C 特性
    • ■FAST/SLOW
    • ■オートレンジ
    • ■ホールド機能
    • ■Max.Min値表示
    • ■オートパワーオフ機能(5分)
    • ●使い方簡単なオートレンジ機能付

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
  • 【SD-2200】騒音計

    【SD-2200】騒音計

    18,370円〜

    • SD-2200

    • ■A/C 特性
    • ■FAST/SLOW
    • ■3段階レンジ切替(Low/Med/Hi)
    • ■Max.Min値表示
    • ■ローバッテリー表示
    • ●使い易さNO.1定番モデル
    • ●測定範囲32〜130dBで3段階レンジ切替が可能

    カートに入れるすぐに購入
    お気に入りリスト
校正FAX用紙DL

騒音計とは

騒音計とは騒音を音の客観的な物理的属性により数値化する装置で、算出された数値を「騒音レベル」といい、dB(デシベル)で表します。この計測方法によって計測されるデータに心理的・生理的・主観的といった個人の感情による要素は含まれません。騒音計は計量法で定められた法定計量器で「精密騒音計」と「普通騒音計」に分類され、性能や使用目的がそれぞれ異なります。
精密騒音計では様々な分野での音の研究、機械装置などの騒音評価を目的としています。どのような音がどのように発生しているか、厳密に調査する場合に使用されます。
普通騒音計は、工事現場・工場・事務所・交通量の多い場所など人が生活する上での環境騒音測定を目的としています。普通騒音計は精密騒音計より性能は劣りますが、人間の聴覚に関連があり、可聴領域とされる周波数(20kHz以上〜20kHz以下)を計量法の規格で定められた各周波数の重み(特性A)を補正するように設計されています。
環境騒音測定値はデータロガー機能がついた計測器では、内部メモリーに計測値を記録し、記録データをPCで読み込み、解析をすることも可能です。官公庁や法的な騒音に関する提出書類や取引証明を作成するのに必要なツールとなります。各種書類を作成する上でのデータは、校正の検定に合格した騒音計を使用することが絶対条件となります。また、騒音の種類によっては計量法「JIS C 1509」「IEC61672」で定められた規定値に準ずるものでなければなりません。 計測器-販売レンタル.comでは、普通騒音計(環境騒音測定)や精密騒音計など、各種取り揃えております。

騒音計利用シーン

航空騒音等

航空騒音等

環境騒音

環境騒音

作業環境騒音

作業環境騒音

交通騒音

交通騒音

工場騒音

工場騒音

機械騒音

機械騒音

わからないことなんでもお聞きください お客様からよくある質問

A  騒音の目安について教えてください

私たちが音として認識するのは空気の振動です。物体が擦れたり、ぶつかったりすると音源となり空気の振動で耳に届き音として聞えます。生活環境の中にはさまざまな音が取り込まれています。その中で個人が主観的に判断し、その人に重要な音だけを聴いています。重要な音に対し妨害的な耳障りな音、これが“無い方が、よい音”と判断される騒音です。騒音は音そのものの物理的属性よりも、聞く人の心理的、生理的、主観的な受け取り方にあり、大きな音、不快な音、注意を惹きつけられる音などが騒音と判断されます。 騒音はデシベル(db)という単位で示されます。下記の表に具体的な騒音が何デシベルにあたるのかを記載しました。騒音は、その発生源からの距離によって騒音値が減衰します。実際の減衰率(どれくらい距離が離れたらどれくらい減衰するか)を計算するには専門的な計算が必要となりますが、一般的な目安の減衰率は下記程度です。

dB(デジベル)音の大小を表す単位です。数値が大きいほど、大きな音を示します。
人の耳に聞こえる単位をdB(A)と言います。

ページトップへ