トップ > ガス警報器

ガス警報器

全2件

校正FAX用紙DL

ガス警報器とは

ガス警報器は、学校や映画館・病院・地下街・美術館・飲食店・工場など、不特定多数の人が利用する場所には、取り付けることが関連法などで決められています。一般家庭では法的な規程からは除外されていますが、家庭でのガス漏れ事故の大半は人為的なミスによるものです。毎年、300件以上に及ぶガス事故の報告がされています。また警報器により多くのガス事故を未然に防げたという調査結果も出ています。事故の未然防止上、法律にはなくても、一般家庭でもガス警報器の設置をお勧めしています。ガス警報器にはガスの種類によって様々なものがあり、またガスにより比重が違いますので設置場所も違います。測定器-レンタル.comではあらゆるガスに対応した機器や取り付ける施設全体を集中管理できるシステム機器を揃えています。

ガス警報器利用シーン

学校

学校

病院

病院

施設全体の集中管理

施設全体の集中管理

わからないことなんでもお聞きください お客様からよくある質問

A  ガスの特性を考慮した測定方法とはどのようなことですか。

ガス特性を考慮し測定
1)メタンガス(LNG)
メタンガスは空気より軽いため天井側に集まります。従って、天井から30cm以内の高さの測定となります。その上に階がある場合は、上階の測定も必要となります。
(2)プロパンガス(LPG)
プロパンガスは空気より重いので、床側に集まります。従って、床から30cm以内の高さの測定となります。床その下に階がある場合は、下の階の測定も必要となります。

A  ガス警報器設置についての法律や規則はありますか?

(文章作成中)

ページトップへ